揺る(読み)ユル

デジタル大辞泉の解説

ゆ・る【揺る】

[動ラ五(四)]
揺り動かす。ふるい動かす。ゆすぶる。
「背広の肩を抑えて、前後に―・りながら」〈漱石それから
(「淘る」「汰る」とも書く)水の中などで、ふるい動かして選び分ける。「砂金を―・る」
物が揺れ動く。特に、地震が起こる。
「地震が―・る度に」〈漱石吾輩は猫である
[動ラ下二]ゆれる」の文語形

よ・る【揺る】

[動ラ四]ゆれる。ゆる。
「臣(おみ)の子の八符の柴垣下動(とよ)み地震(なゐ)が―・り来(こ)ば破(や)れむ柴垣」〈武烈紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よる【揺る】

( 動四 )
ゆれる。 「地震ないが-・り来ば破れむ柴垣/日本書紀 武烈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android