新湊[市](読み)しんみなと

百科事典マイペディアの解説

新湊[市]【しんみなと】

富山県北部の旧市。1951年西の高岡市から分離,市制。東は富山市に接する。富山湾に面し,放生津(ほうじょうづ)潟周辺の低湿地を占め,万葉線が通じる。庄川河口の右岸にある中心市街は近世は漁港,米積出港として栄え,現在も富山湾岸有数の沿岸漁業基地である。大正から昭和初期にかけて特殊鋼,合金鉄の工場が立地していたが,1964年に新産都市に指定されて,製鉄・製材工業が進出。放生津潟とその周辺を利用して富山新港が1968年開港し,ここを中核とした伏木富山港が1986年特定重要港湾に指定されて,重化学工業化が図られた。アルミ精錬所,共同火力発電所や金属工場などが立地し,県内3位(2001)の製造品出荷額を上げている。2005年11月,射水郡小杉町,大門町,大島町,下村と合併し市制,射水市となる。32.10km2。3万7585人(2003)。
→関連項目放生津

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんみなと【新湊[市]】

富山県北西部,庄川の最下流域右岸にある市。富山湾に臨み,市街地は砂丘上にあるが,市域全体は低湿である。1951年高岡市より分離して市制。人口3万8491(1995)。古くは奈呉放生津(ほうしようづ)と呼ばれ,鎌倉時代の守護所,加賀藩時代の蔵宿がおかれるなど,この地方の中心であった。江戸時代には北前船をはじめ回漕業が盛んであった。また漁業も盛んで,台網漁(マグロ,ブリ)が発達し,富山湾内有数の定置網漁業の根拠地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の新湊[市]の言及

【放生津】より

…越中国放生津潟の北西側と日本海岸(奈呉の海)に接する中世以来の湊町(現,富山県新湊市)。中世は大袋(おおい)荘に属し,日本海側の海陸交通の要衝であった。…

※「新湊[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android