昇華(化学)(読み)しょうか

百科事典マイペディアの解説

昇華(化学)【しょうか】

固体が液体の状態を経ずに直接気体になる現象。逆の過程をも含めていうこともある。固体はその表面から気化し,その蒸気圧がそのときの温度における飽和蒸気圧(昇華圧)に等しくなるまで昇華は進行し,その点で平衡に達する。常温下では,樟脳(しょうのう),ヨウ素,ドライアイス,ナフタリンなどでみられる。昇華に際して吸収または放出される熱量を昇華熱という。
→関連項目気化凝固凝固点蒸発ドライアイス反動形成

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昇華(化学)
しょうか
sublimation

固相物質が液相を経由しないで直接に気化する現象。その逆の過程、あるいは固体が気化したのちにまた固体となる過程も含めて昇華ということもあるが、後者の場合、金属などを高真空中で加熱蒸発させて別の場所に凝縮させることを蒸着という。
 大気圧下の常温付近では、樟脳(しょうのう)、ナフタレン、p(パラ)-ジクロロベンゼン、二酸化炭素(ドライアイス)、ヨウ素などが昇華性を示す。圧力を下げて温度を上げると、分子性結晶では昇華性を示すものが多い。蒸留と同じように、物質精製の手段として昇華を利用することも多い。ナフタレンとp-ジクロロベンゼン(商品名パラゾール)は、昇華性を利用した殺虫剤(防虫剤)に使われるが、共存すると互いに溶け合って常温では液体になるので、併用してはならない。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android