コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松代[町] まつだい

2件 の用語解説(松代[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

松代[町]【まつだい】

新潟県南部,東頸城(ひがしくびき)郡の旧町。東頸城丘陵にある。米,ウド,ゼンマイを産し,乾ソバの生産が有名。関東地方への出稼(でかせぎ)が多い。国道253号線が通じ,1997年3月には北越急行ほくほく線開業。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつだい【松代[町]】

新潟県南部,東頸城(ひがしくびき)郡の町。人口4690(1995)。東頸城丘陵東部にあり,町域の中央を信濃川の支流渋海(しぶみ)川が北流する。川沿いに狭い平地が点在するほかはほとんどが山間傾斜地で,全国有数の豪雪地として知られる。古くは松之山町地域とともに松之山郷とよばれた。中心地松代は近世には高田と十日町を結ぶ街道の宿場であった。東部には近世中期に渋海川の瀬替えによって開かれた松代大新田がある。主産業は稲作を中心とする農業であるが,耕地の多くは棚田で生産性は低い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone