浜田[市](読み)はまだ

百科事典マイペディアの解説

浜田[市]【はまだ】

島根県西部,日本海に面する市。1940年市制。浜田川の沖積低地上にあり,山陰本線に沿う中心市街は1619年古田氏5万石の城下となり,以後石見(いわみ)地方の中心。浜田自動車道の終点。浜田港は大陸との貿易港,西回り航路の寄港地として発展,県第1の漁港で造船,かん詰,かまぼこなどの工場,魚市場があり,全国有数の水揚量をほこる。石州瓦,家具の産もある。海岸景勝地が多く,石見国分寺跡(史跡),浜田城跡がある。広島県境の雲月(うんげつ)山や大佐(おおさ)山一帯は西中国山地国定公園に属する。2005年10月那賀郡三隅町,町,金城町,弥栄村を編入。三隅町の特産,地元産のコウゾを用いた良質の和紙は〈石州半紙〉として知られ製造技術は1969年に国の重要無形文化財に指定された。石州半紙は2009年にはユネスコの世界無形文化遺産に登録され,2014年〈和紙:日本の手漉和紙技術〉として,細川紙及び本美濃紙とともにユネスコ世界無形文化遺産に登録,再記載された。690.66km2。6万1713人(2010)。
→関連項目国府館林藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまだ【浜田[市]】

島根県西部,日本海に面する市。1940年市制。人口4万8515(1995)。石見(いわみ)地方の中心都市で,古代には石見国の国府が置かれた。松平氏の藩政時代に植林計画が進められ,平安時代からの石見(石州)半紙の生産,養蚕が奨励された。また砂鉄,石州瓦(赤瓦),粗陶器などの特産物の生産も始まった。明治維新後,殿町など浜田川北岸の侍屋敷は官公庁街,住宅街に,南岸の町屋は商店街となった。日本海沿岸はリアス海岸で冬の季節風を防ぐのによく,帆船時代,とくに長浜港(現在は浜田港に含まれ,商港となっている)は朝鮮交易で栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android