コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清音 きよね

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清音(きよね)
きよね

岡山県南西部、都窪(つくぼ)郡にあった旧村名(清音村(そん))。現在は総社(そうじゃ)市の南東部を占める地域。旧清音村は2005年(平成17)総社市と合併した。高梁(たかはし)川の下流左岸にある。旧村名は1889年(明治22)の村制施行の際に「山水有清音」という語から名づけたという。『和名抄(わみょうしょう)』の窪屋郡軽部(かるべ)郷の地。東部の総社市西郡(にしごおり)との境にある福山は、南北朝時代に足利(あしかが)、新田(にった)両軍の福山城合戦のあった地。園芸農業が盛んな農村であるが、高梁川沿いにJR伯備(はくび)線、井原(いばら)鉄道が通り、岡山、倉敷の各市にも近く、都市化傾向が著しい。[由比浜省吾]
『『清音村誌』(1979・清音村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

清音の関連キーワード山手(岡山県の旧村名)総社(市)下道氏墓小田川伯備線

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清音の関連情報