コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煽る アオル

3件 の用語解説(煽るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あお・る〔あふる〕【×煽る】

[動ラ五(四)]
うちわなどで風を起こす。また、風が火の勢いを強める。「うちわで―・って火をおこす」
風が物を揺り動かす。また、風を受けて物が動く。「強風にテントが―・られる」
「通路の扉(ひらき)が―・っているので」〈紅葉多情多恨
おだてたりして、相手がある行動をするように仕向ける。たきつける。扇動する。「競争心を―・る」
物事に勢いをつける。「人気を―・る」
(「呷る」と書く)酒などをひと息に飲む。「毒を―・る」
写真で、煽り4を上向きにして写す。また、低い位置から上向きに写す。
相場の高騰をねらって、意図的に大量に買う。
前を走る車の後ろにぴったり付いて走る。
鐙(あぶみ)で障泥(あおり)をけって馬を急がせる。
「馬をいたく―・りければ、馬くるひて落ちぬ」〈宇治拾遺・一三〉

あふ・る【×煽る】

[動ラ五(四)]あおる」の俗な言い方。「人気を―・る」
[補説]「あおる」の歴史的仮名遣い「あふる」を、そのまま読んだもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あおる【煽る】

( 動五[四] )
風が物を動かす。また、風に吹かれて物が動く。 「カーテンが風に-・られる」
風が吹いて、または風を起こして火の勢いを強める。 「強風に-・られて燃え広がる」
他人を刺激して、ある行動に駆り立てたりする。たきつける。扇動する。 「憎しみを-・る」 「群集を-・ってデモに駆り立てる」
風を起こすような動作をする。 「 - ・りながら(=体重ヲ利用シ反動ヲツケテ)寄り倒す」
写真で、煽りの操作をする。
(取引で)相場をあげるために、大量の買い付けをする。
あぶみを蹴って馬を進める。 「(馬ノ)尻を迎て-・るにいよいよ渡らず/沙石 8

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煽るの関連キーワード団扇柿団扇肩で風を切る岐阜団扇渋団扇扇ぐ打切る打割る裁割る待渡る

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

煽るの関連情報