コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煽る アオル

デジタル大辞泉の解説

あお・る〔あふる〕【×煽る】

[動ラ五(四)]
うちわなどで風を起こす。また、風が火の勢いを強める。「うちわで―・って火をおこす」
風が物を揺り動かす。また、風を受けて物が動く。「強風にテントが―・られる」
「通路の扉(ひらき)が―・っているので」〈紅葉多情多恨
おだてたりして、相手がある行動をするように仕向ける。たきつける。扇動する。「競争心を―・る」
物事に勢いをつける。「人気を―・る」
(「呷る」と書く)酒などをひと息に飲む。「毒を―・る」
写真で、煽り4を上向きにして写す。また、低い位置から上向きに写す。
相場の高騰をねらって、意図的に大量に買う。
前を走る車の後ろにぴったり付いて走る。
鐙(あぶみ)で障泥(あおり)をけって馬を急がせる。
「馬をいたく―・りければ、馬くるひて落ちぬ」〈宇治拾遺・一三〉

あふ・る【×煽る】

[動ラ五(四)]あおる」の俗な言い方。「人気を―・る」
[補説]「あおる」の歴史的仮名遣い「あふる」を、そのまま読んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおる【煽る】

( 動五[四] )
風が物を動かす。また、風に吹かれて物が動く。 「カーテンが風に-・られる」
風が吹いて、または風を起こして火の勢いを強める。 「強風に-・られて燃え広がる」
他人を刺激して、ある行動に駆り立てたりする。たきつける。扇動する。 「憎しみを-・る」 「群集を-・ってデモに駆り立てる」
風を起こすような動作をする。 「 - ・りながら(=体重ヲ利用シ反動ヲツケテ)寄り倒す」
写真で、煽りの操作をする。
(取引で)相場をあげるために、大量の買い付けをする。
あぶみを蹴って馬を進める。 「(馬ノ)尻を迎て-・るにいよいよ渡らず/沙石 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煽るの関連キーワードどら 銅羅 [gong英、tamチャオベッラチンクエッティMIGHTYCROWN対露同志会

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

煽るの関連情報