田代[町](読み)たしろ

百科事典マイペディアの解説

田代[町]【たしろ】

秋田県北部,北秋田郡の旧町。南端米代(よねしろ)川が流れ,中心集落の早口には奥羽本線が通じる。大部分山地で林野面積が広く,早口川,岩瀬川流域に秋田杉美林がある。農林業を基幹産業とし,早口には貯木場がある。1993年白神山地が世界遺産条約の自然遺産リストに登録された。2005年6月北秋田郡比内町と大館市へ編入。306.77km2。7961人(2003)。

田代[町]【たしろ】

鹿児島県肝属(きもつき)郡,大隅半島南部の旧町。肝属山地中にある農山村で,林業のほか,米,タバコ,野菜,茶を産し,肉牛飼育,養鶏など畜産も盛ん。2005年3月肝属郡大根占町と合併し町制錦江町となる。77.81km2。3425人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たしろ【田代[町]】

秋田県北部,北秋田郡の町。人口8304(1995)。南端を米代川が流れ,支流の早口川,山瀬川の谷に若干の耕地があるが,町域の大部分は山林である。早口川,山瀬川の谷口に位置する中心地の早口は,両川の上流で伐採される秋田杉の集散地として近世以来発達した街村で,奥羽本線早口駅前には1908年完成の早口貯木場があり,製材所も多い。両川下流の耕地は大部分が水田で,近年はタバコ,ホップの栽培も行われている。青森県境の長慶森には秋田藩の隠し金山があったと伝えられ,1978年にはその付近を通り青森県相馬村と結ぶ峰越林道が完成した。

たしろ【田代[町]】

鹿児島県南東部,肝属(きもつき)郡の町。人口3625(1995)。大隅半島南部に位置する。全域が山地で,北部を西流する麓川と,南部を西流する花瀬川に沿って低地が帯状に続き,集落が連なる。主産業は農業と林業で,米,タバコ,茶の栽培とともにブロイラー,肉牛を中心とする畜産が盛ん。山林の80%以上が杉を中心とする人工林で,パルプ材,素材を産出する。花瀬公園は桜,藤,ツツジの美しい景勝地として知られる。交通不便な地であったが,近年,県道,林道が次々に開通し,麓地区は大隅半島南部山間の交通の拠点となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android