甲斐(市)(読み)かい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲斐(市)
かい

山梨県中部にある市。2004年(平成16)中巨摩(なかこま)郡竜王(りゅうおう)町、敷島(しきしま)町、北巨摩郡双葉(ふたば)町が合併、市制施行して成立。北部は金ヶ岳(1764メートル)、茅ヶ岳(かやがたけ)(1704メートル)が聳え、中・南部は甲府盆地の北西部を占める。北東の甲府市との境を笛吹(ふえふき)川支流荒川が、南西の南アルプス市との境を釜無(かまなし)川が南流する。JR中央本線、国道20号、52号が通り、中央自動車道双葉ジャンクションで中部横断自動車道と分岐する。
 縄文時代の遺跡は北部山間部に分布する。甲府盆地北部の荒川と貢(く)川の自然堤防上にある金の尾(かねのお)遺跡は縄文中期と弥生時代後期の集落遺跡で、方形周溝墓や円形周溝墓などが検出された。茅ヶ岳山麓の登美(とみ)台地南端に赤坂台古墳群がある。円墳と考えられる竜王2号墳からは金銅製馬具などが出土した。古代の天狗沢瓦窯跡では八葉素弁蓮華文の軒丸瓦などが焼成されている。
 鎌倉時代には八条院領篠原荘、山城松尾寺領志摩荘などに含まれた。武田氏の時代に荒川水系に上条堰が設けられた。また、南部の平地は釜無川の氾濫原であったが、16世紀半ばに武田信玄によって釜無川左岸に堤防(信玄堤)が築かれ、江戸時代にも新田開発が進んだ。江戸時代はおおむね幕府領であったが、18世紀半ばに一橋領が設定されると、一時期北西部の甲州道中沿い宇津谷(うつのや)に陣屋が置かれた。甲州道中は釜無川の東岸を通り、竜地(りゅうち)宿は武田氏時代から商業・軍事の中心であった。荒川扇状地は穀倉地帯、釜無川に沿う竜王で栽培されたタバコは名品として知られた。
 産業は農業中心で、赤坂トマトやブドウ、ウメ、モモ、カキなどの果実、釜無川氾濫原ではサトイモ(やはたいも)が栽培される。西部の台地にはサントリー登美の丘ワイナリーがあり、ブドウ栽培から醸造までの作業が行われている。ソフトウエア関連企業でつくる竜王赤坂ソフトパークのほか工場も進出しているが、甲府市と東を接する立地条件から甲府郊外として商業地化し、甲府のベットタウンとなった地域もある。荒川上流の御嶽昇仙峡(みたけしょうせんきょう)は花崗岩が川の侵食を受けて形成されたもので、秩父多摩甲斐国立公園に属し、国の特別名勝に指定されている。面積71.94平方キロメートル、人口7万3807(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲斐(市)の関連情報