(読み)ゼ

デジタル大辞泉 「是」の意味・読み・例文・類語

ぜ【是】

道理にかなっていること。正しいこと。「はたしてか非か」⇔
[類語]正当正しい至当適切適正公正中正まともまっとうまじめ合理合理的論理的理路整然ロジカル理詰め方正真正純正フェアことわり事理条理論理理屈筋道辻褄つじつま理路道筋ロジック正道本筋正則合法合法的ノーマル本格的正式本式正格正統正調正規公式格調格式品格品位風格おおやけ公的本物儀礼礼法礼式礼儀風儀作法よそ行き格式張る折り目正しいフォーマル本格本道本流主流押しも押されもせぬれっきとちゃんと道理道理至極腰を入れる本腰本腰を入れるレギュラーオーソドックスプロパー

ぜ【是】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉) [訓]これ この
正しい。「是非是是非非
正しいと考える。「是正是認
正しい方針。「国是社是
これ。この。「色即是空しきそくぜくう如是我聞にょぜがもん
[名のり]すなお・ただし・つな・ゆき・よし

こ【是/×此】

[代]近称指示代名詞。これ。ここ。
眼前の、または話題事物をさし示す。この。
「沖つ鳥胸むな見る時羽たたぎも―も相応ふさはず」〈・上・歌謡
話し手に近い場所をさし示す。ここ。→このこは
「ほととぎす―よ鳴き渡れ灯火ともしび月夜つくよになそへその影も見む」〈・四〇五四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「是」の意味・読み・例文・類語

こ【是・此】

  1. 〘 代名詞詞 〙 事物や場所について、話し手の側、すなわち「相手に対するわれ」「相手を含めたわれわれ」の側に属するものとしてさし示す(近称)。これ。この。
  2. 眼前の、また話題の事物をさし示す。
    1. [初出の実例]「許(コ)の御酒(みき)は 我が御酒ならず」(出典古事記(712)中・歌謡)
    2. 「うきふしを心ひとつにかぞへきてこや君が手をわかるべき折り」(出典:源氏物語(1001‐14頃)帚木)
  3. 場所をさし示す(近称)。ここ。
    1. [初出の実例]「ほととぎす許(コ)よ鳴き渡れ燈火を月夜(つくよ)になそへその影も見む」(出典:万葉集(8C後)一八・四〇五四)

是の補助注記

古くは「この」のほか、「こは」「こを」など助詞とともに用いられたが、後世はもっぱら「この」の形で連体詞として使われる。


ぜ【是】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 道理にかなったこと。正しいこと。一般がよいと認めること。
    1. [初出の実例]「ともに是にあらざるを是と執せる」(出典:正法眼蔵(1231‐53)四禅比丘)
    2. 「子が辞(ことば)甚だ是(ゼ)なり。去ながらいまだ道の大なる事をしらず」(出典:滑稽本・風来六部集(1780)放屁論)
    3. [その他の文献]〔易経‐繋辞下〕
  3. 満足な状態にあること。都合よく事が運ぶこと。
    1. [初出の実例]「是なる時はよろこび、非なるときはうらみず」(出典:徒然草(1331頃)二一一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワーキングホリデー

協定締結国の国民に対し,休暇の機会と,その間の滞在費用を補う程度の就労を認める査証(ビザ)を発給する制度。二国間の協定に基づき,国際的視野をもった青少年を育成し,両国間の相互理解と友好関係を促進するこ...

ワーキングホリデーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android