コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

是/此

デジタル大辞泉の解説

こ【是/×此】

[代]近称の指示代名詞。これ。ここ。
眼前の、または話題の事物をさし示す。この。
「沖つ鳥胸(むな)見る時羽たたぎも―も相応(ふさ)はず」〈・上・歌謡〉
話し手に近い場所をさし示す。ここ。→このこは
「ほととぎす―よ鳴き渡れ灯火(ともしび)を月夜(つくよ)になそへその影も見む」〈・四〇五四〉

ぜ【是】

道理にかなっていること。正しいこと。「はたしてか非か」⇔

ぜ【是】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉) [訓]これ この
正しい。「是非是是非非
正しいと考える。「是正是認
正しい方針。「国是社是
これ。この。「色即是空(しきそくぜくう)如是我聞(にょぜがもん)
[名のり]すなお・ただし・つな・ゆき・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜ【是】

道理にかなっていること。正しいと認められていること。 ⇔ 「 -とする」
[句項目] 是が非でも

ぜ【是】

【是】 [音] ゼ
ただしい。道理にかなっている。 「是非・是是非非」
よいとする。正す。 「是正・是認」
正しいと認められた方針。 「国是・社是」
事物を指示する語。これ。この。かく。 「如是我聞によぜがもん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

是/此の関連キーワード熊本県熊本市中央区水前寺造次顛沛・造次顚沛風枝を鳴らさず是一(3代)枝を鳴らさず波多野 鶴吉日日是好日是が非でも坂東 是調是心軒戴賀即心是仏造次顛沛馬祖道一色即是空是を以て梅澤隆真昨非今是即心即仏菅原是綱大黒常是