コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全う マットウ

デジタル大辞泉の解説

まっとう〔まつたう〕【全う】

[形動][文][ナリ]《形容詞「まったい」の連用形の音変化》まともなさま。まじめなさま。「全うな人生」「全うなやり方」
[補説]「真っ当」とも当てて書く。
[派生]まっとうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まっとう【全う】

( 副 )
「まったく(全)」の転。 「母に打たれし杖に泣く涙。-杖の痛きにあらず/狂言・泣尼 三百番集本」 → まっとうする

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

全うの関連キーワード初め有らざるなし,克く終わりあるは鮮し身を全うして君に仕うるは忠臣の掟始めありて終わりなし終わり・終り『雨月物語』在宅ホスピス永らへ果つ租税公需説大場景淑同種寄生ホスピス忠孝両全異種寄生黒田増熊大往生末遂ぐPPK藺相如職分逸民

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全うの関連情報