コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純正 ジュンセイ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐せい【純正】

[名・形動]
純粋で正しいこと。まじりけがなく、本来のものであること。また、そのさま。「純正な理想」「純正食品」
応用や実利には及ばないで、もっぱら理論を主とすること。「純正経済学」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本の解説

純正

新たに接続する機器が、接続先の機器と同じメーカーの製品であることです。「メーカー純正」などともいいます。パソコンメーカーが発売している自社製品への増設用メモリーや、周辺機器メーカーが発売している自社製品用ケーブルなどが、それぞれ「純正」です。また、ソフトにも「純正」があります。ハードメーカーが配布している自社製品用のデバイスドライバや、ソフトメーカーが販売している自社製品用のアドイン・ソフトなどです。なお、純正品サードパーティー製品より価格が割高になる傾向があります。
⇨アドイン・ソフト、サードパーティー、
デバイスドライバ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

純正の関連キーワードネオ・クラシック プレジデント マグネティズムApple CD/DVD DriverApple HD SC Setupプレミアム コレクションプレステージコレクションthird partyAppleCDキングズイングリッシュトヨタ部品神奈川共販トヨタ部品埼玉共販ウンウンオクチウムウンウンペンチウムウンウンセプチウムNE2000互換国際原子量委員会ウンウントリウムピタゴラス音律純正調オルガン西出 うつ木プレジデント

純正の関連情報