西宮[市](読み)にしのみや

百科事典マイペディアの解説

西宮[市]【にしのみや】

兵庫県南東部,大阪と神戸の中間にあり,大阪湾に臨む市。1925年市制。西国・中国両街道の交わる宿場町,十日戎(えびす)で著名な西宮神社の鳥居前町として栄えた。江戸時代以来,五郷()に属する酒造地として有名。東海道本線,阪神本線,阪急神戸・今津・甲陽線開通後は食料品,化学,鉄鋼などの工業が進出,住宅地化も進み,大阪,神戸の住宅・工業衛星都市となった。関西学院大学,神戸女学院大学,武田尾温泉,蓬莱峡,甲子園球場,西宮球場があり,名神高速道路の起点。1995年1月の兵庫県南部地震では死者1108人,倒壊・焼失家屋3万5852戸の大きな被害をうけた。99.96km2。48万2640人(2010)。
→関連項目関西学院大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしのみや【西宮[市]】

兵庫県南東部,大阪湾北岸に位置する市。1925年市制。人口39万0389(1995)。市域は六甲山地によって南北に二分されるが,市街地は海岸の平野部と六甲山地南東麓の台地部に発達し,東海道本線をはじめ阪神本線,阪急神戸本線および両私鉄の支線や,名神高速道路,阪神高速道路,国道2号,43号,171号線など主要幹線も南部に集中している。 西宮は,はじめ西宮神社の門前町として発達した。江戸中期に灘の酒で知られる清酒の全国的産地となり,現在ではビール,ハム,乳製品などが加わって食料品工業都市となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の西宮[市]の言及

【灘五郷】より

…灘五郷とは灘の生一本(きいつポん)の銘醸地の総称で,江戸時代の中期以降より急速に江戸積酒造業が発展し,今日にいたるまで全国有数の酒造地を形成している。現在の灘五郷は,兵庫県南東部の海岸寄りにある今津郷・西宮郷(西宮市),魚崎郷・御影(みかげ)郷(神戸市東灘区)と西郷(神戸市灘区)の5郷からなる。しかしこれは1886年に摂津灘酒造業組合が創設されて以来の名称であって,江戸時代の地域区分とは若干異なっている。…

※「西宮[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android