豊栄[市](読み)とよさか

百科事典マイペディア「豊栄[市]」の解説

豊栄[市]【とよさか】

新潟県北部阿賀野川下流右岸にある旧市。1970年市制。新潟市の北東隣に位置し,白新線が通じる中心の葛塚市場町,葛塚縞(じま)の機業地として発達。市中央部にあった福島潟は,長年の干拓と1961年に設置された新井郷(にいごう)川排水施設によって乾田化され,遊水池(面積約200ha)を残すのみとなった。遊水池は全国有数の渡り鳥の飛来地として有名。平野一帯は水田地帯で,砂丘地では果樹,野菜も多産。1970年ごろから新潟市のベッドタウンとして宅地化が進んでいる。新潟競馬場がある。2005年3月新津市,白根市,中蒲原郡小須戸町,横越町,亀田町,西蒲原郡岩室村,西川町,味方村,潟東村,月潟村,中之口村と新潟市へ編入。76.85km2。5万433人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「豊栄[市]」の解説

とよさか【豊栄[市]】

新潟県北東部の市。1970年市制。人口4万8067(1995)。越後平野北部,阿賀野川下流右岸に位置する。かつて阿賀北郷と呼ばれた低湿地で,流入河川の排水が,北部の海岸砂丘西部の阿賀野川の自然堤防に妨げられ,中央部に福島潟などがある。1730年(享保15)に新発田(しばた)が低湿地の開発を目的に砂丘部に掘割り(松ヶ崎分水)を開削し,阿賀野川を日本海に放流して以来,開発が急速に進み,微高地集落が発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android