連結・聯結(読み)れんけつ

精選版 日本国語大辞典の解説

れん‐けつ【連結・聯結】

〘名〙
① 一つづきになるように、互いにつなぐこと。また、二つ以上のものがつらなること。つづくこと。また、その箇所。
※舎密開宗(1837‐47)内「単寧は〈略〉常に没食酸に連結して植体に在り」 〔史記‐刺客伝・荊軻〕
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一二「連結の上に乗ったものがあった」
③ 数学で、位相空間が、二つの空集合でない開集合に分けることができないこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android