連結・聯結(読み)れんけつ

精選版 日本国語大辞典「連結・聯結」の解説

れん‐けつ【連結・聯結】

〘名〙
① 一つづきになるように、互いにつなぐこと。また、二つ以上のものがつらなること。つづくこと。また、その箇所
舎密開宗(1837‐47)内「単寧は〈〉常に没食酸に連結して植体に在り」 〔史記‐刺客伝・荊軻
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一二「連結の上に乗ったものがあった」
数学で、位相空間が、二つの空集合でない開集合に分けることができないこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android