コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遷移(せんい) せんいsuccession

翻訳|succession

知恵蔵の解説

遷移(せんい)

一定の場所における生物群集が時間の経過とともに変わっていくことで、最終的に極相に達して安定する。主として植物についていわれるが、当然そこに生息する動物相も変化する。F.E.クレメンツが集大成した概念で、生物の営みによって環境が改変されるのが主たる要因。火山跡のような裸地から始まるものを乾性遷移と呼び、たとえば地衣類→草地→低木林→陽樹林→常緑広葉樹林を経て、極相のタブ林となる。湖沼や湿地を出発点とするものは湿性遷移と呼ばれ、水が浅くなるにつれて、たとえば藻類→ヒシなどの浮水植物群落→ヨシ原→ヤナギなどの陽樹→極相林といった遷移系列をたどる。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

遷移(せんい)の関連キーワードアインシュタインの誘導放射係数コスター‐クローニヒ遷移アインシュタイン係数延性破面遷移温度有限オートマトンアンダーソン転位延性脆性遷移温度脆性破面遷移温度リュードベリ遷移アンダーソン遷移遷移元素化合物マスター方程式典型金属元素ペリジモータ無輻射遷移多光子遷移ボルン近似無放射遷移枯渇彗星核CAT天体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android