采・賽・骰子(読み)さい

精選版 日本国語大辞典「采・賽・骰子」の解説

さい【采・賽・骰子】

〘名〙
① すごろく、ばくちなどに用いる道具。角(つの)象牙(ぞうげ)、木材などでつくられた小形の立方体で、その六面に、一から六までの目をきざんだもの。さいつ。さいころ。さえ。さいつぶ。
※播磨風土記(715頃)揖保「此処(ここ)に銅牙石あり。形は双六(すぐろく)の綵(さい)に似たり」
※源氏(1001‐14頃)若菜下「双六うつ時のことばにも、明石の尼君明石の尼君とぞ、さいは乞ひける」
② 「さいはらい(采払)」の略。
※雑俳・天狗七部集(1847)「飼て有る鬼見せる霊芝に麾かける」
③ 船具の一つ。棒の先によもぎをたばねて、采配(さいはい)の形をしたもの。艪(ろ)をこぐ時、艪ぐいが熱せられてはずれるのを防ぐため水を注ぐのに用いる。
日。社寺の縁日。
江戸繁昌記(1832‐36)初「賽、最も夏晩に盛也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android