コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

采女(2) うねめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

采女(2) うねめ

?-? 江戸時代前期の遊女。
延宝(1673-81)のころ,江戸新吉原雁金屋の抱(かか)え。馴染(なじ)みの仲をさかれた若い僧に店の前で自殺され,自分も浅茅が原(あさじがはら)の鏡ケ池に身をなげた。ときに17歳。ちかくの出山寺に蜀山人(しょくさんじん)筆の采女塚がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

采女(2)の関連キーワード遊女延宝

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android