采女(2)(読み)うねめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

采女(2) うねめ

?-? 江戸時代前期の遊女。
延宝(1673-81)のころ,江戸新吉原雁金屋の抱(かか)え。馴染(なじ)みの仲をさかれた若い僧に店の前で自殺され,自分も浅茅が原(あさじがはら)の鏡ケ池に身をなげた。ときに17歳。ちかくの出山寺に蜀山人(しょくさんじん)筆の采女塚がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android