コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重心(物理) じゅうしん

百科事典マイペディアの解説

重心(物理)【じゅうしん】

質点の集り(普通の物体はそうみなされる)にそれぞれの質量に比例した平行な(重力はそうみなされる)がはたらく場合,これらの力を合成して一つの力におきかえたとき,その力の作用する点を重心または質量中心という。物体を一点でつり下げれば重心はいつもその点の鉛直下方にあるから,これを利用して重心の位置をみつけることができる。物体の運動は回転を考えなければその重心の運動で代表される。
→関連項目重心(数学)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

重心(物理)の関連キーワード重心(数学)力(物理)

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android