コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高砂[市] たかさご

百科事典マイペディアの解説

高砂[市]【たかさご】

兵庫県南部,加古川河口の西岸の市。1954年市制姫路藩の米集散地,内海航路の港町として発達。高砂線(1984年廃線),山陽電鉄の開通後,臨海干拓地を中心に製紙紡績の工場,昭和に入ると窯業,機械,化学,食品,鉄鋼などの大工場が進出,播磨(はりま)灘臨海工業地帯の一中心をなし,人口も急増している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかさご【高砂[市]】

兵庫県南部,播磨灘に臨む重工業都市。東は加古川市,西は姫路市に接する。1954年高砂町,荒井村,曾根町,伊保村が合体,市制。人口9万7632(1995)。町の発展池田輝政による加古川水運の改修と港の整備により始まり,播磨の穀倉地帯を背後にもつことから姫路藩の年貢米の集散地,内海航路の拠点として栄えた。明治中期,鉄道(山陽本線)が市内を避けたことから発展が遅れたが,加古川の水に恵まれているのでしだいに製紙,紡績などの工場が立地し,昭和に入ると機械,化学,窯業などがつづいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

高砂[市]の関連キーワードキモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓マラソンレース農家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android