コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒木[町] くろぎ

2件 の用語解説(黒木[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

黒木[町]【くろぎ】

福岡県南部,八女(やめ)郡の旧町。大半は溶岩台地で,矢部川上流に小盆地がある。中心集落は中世城下町,近世市場町として発達。米,茶,ミカンの生産,製材業が営まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くろぎ【黒木[町]】

福岡県南端,熊本県境に位置する八女郡の町。人口1万5691(1995)。町の大部分は古生層とそれをおおう標高500~900mの開析された溶岩台地からなる。中央を矢部川が町の東端の県営日向神(ひゆうがみ)ダムを経て西流し,西部で笠原川などと合流して盆地状の低地を形成する。中世には黒木氏が城を築いて支配し,天正期(1573‐92)の廃城後も谷口の市場町として栄えた。町域の65%を占める山林を背景に製材業が盛んであるが,主産業は農業で米のほか茶,ミカンの栽培が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒木[町]の関連キーワード間ノ岳伊吹山地国見岳脊振山マラウイ湖五色温泉八女三ノ峰たちばな