コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(御)入魂(式)[御礼・御祝・内祝] にゅうこん

1件 の用語解説((御)入魂(式)[御礼・御祝・内祝]の意味・用語解説を検索)

献辞辞典の解説

(御)入魂(式)[御礼・御祝・内祝]

仏教における開眼法要の際に、本尊(仏像や曼荼 羅)・墓石・仏壇・位牌などを新しく購入したり、傷んだものを修復して戻す際に、僧侶を招 いて供養の読経を頂いた寺院や僧侶に対して贈る謝礼の表書きの献辞(上書き)に、また祝賀金、内祝の表書きの献辞(上書き)に用いられます。 ※浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では、教義の違いにより御入魂を用いず「御入佛」とします。

出典|(株)ササガワ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(御)入魂(式)[御礼・御祝・内祝]の関連キーワード因明寺院徳目御布施開眼図像仏教絵画仏語守り本尊梶山雄一

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone