コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(御)入魂(式)[御礼・御祝・内祝] にゅうこん

献辞辞典の解説

(御)入魂(式)[御礼・御祝・内祝]

仏教における開眼法要の際に、本尊(仏像や曼荼 羅)・墓石・仏壇・位牌などを新しく購したり、傷んだものを修復して戻す際に、僧侶を招 いて供養の読経を頂いた寺院や僧侶に対して贈る謝礼の表書き献辞(上書き)に、また祝賀金、内祝の表書きの献辞(上書き)に用いられます。 ※浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では、教義の違いにより御入魂を用いず「御入佛」とします。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

(御)入魂(式)[御礼・御祝・内祝]の関連キーワード(御)入佛(式)[御礼・御祝・内祝]開眼法要[御礼・御祝]落慶法要[御祝]閉眼法要[御礼]10式戦車例幣使街道吉田カバン中丸明沙香スキー正宗開眼供養飛田穂洲守武千句大仏開眼瀬戸祐介浦田藍斗松岡洋介宮の雪笹祝