コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御の字 オンノジ

2件 の用語解説(御の字の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おん‐の‐じ【御の字】

《江戸初期の遊里語から出た語。「御」の字を付けて呼ぶべきほどのもの、の意から》
非常に結構なこと。望んだことがかなって十分満足できること。「出費がこの程度で済めば御の字だ」
最上のもの。
「―の太夫」〈浮・諸艶大鑑・八〉
[補説]1について、文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、「70点取れれば御の字だ」を、本来の意味とされる「大いにありがたい」で使う人が38.5パーセント、本来の意味ではない「一応、納得できる」で使う人が51.4パーセントという逆転した結果が出ている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんのじ【御の字】

〔もと遊里語。「御」という字を付けたくなるほどのもの、の意〕
たいへん結構な物。また、そのような人。 「今の世の-の客/浮世草子・織留 3
ありがたいこと。満足なこと。 「五千円なら-だ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御の字の関連キーワード浮世風がしょうぎ太右衛門伯庵身から出た錆遊里語嘘から出た実下ろせ郭詞なん・す

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御の字の関連情報