コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自得 ジトク

デジタル大辞泉の解説

じ‐とく【自得】

[名](スル)
自分の力で悟ること。自分自身で理解し、会得すること。「処世術を自得する」
自分自身で満足し、安んじること。また、得意になって、うぬぼれること。「自得の色」
自分の身に報いを受けること。「自業自得

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じとく【自得】

( 名 ) スル
自分の力で会得すること。 「操作のこつを-する」
自ら満足すること。 「吾れ無為の境に優遊して、是非の外に-す/太平記 1
自分の身に報いを受けること。 「自業-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自得の関連キーワード金城 一国斎(5代目)赤塚平左衛門(6代)金城一国斎(5代)古市宗理(2代)大野宇右衛門松野 加寿女大場 美夜子田村仁左衛門大場美夜子松下政経塾本阿弥光悦松野加寿女横山政孝中島長守末田元慶西川祐信了翁道覚自業自得一条兼定鳩翁道話

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自得の関連情報