十全(読み)ジュウゼン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ぜん〔ジフ‐〕【十全】

[名・形動]
少しも欠けたところがないこと。十分に整っていて、危なげのないこと。また、そのさま。万全。「十全を期して念を入れる」「十全な(の)備え」
概念または判断が、その表す対象と完に相応すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうぜん【十全】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
少しの欠点もなく、完全なさま。十分に整っていて危げないさま。 「 -な対策を講ずる」
〘哲〙 〔adequate〕 概念や認識がその対象(事物)と完全に一致・適合していること。あるいは、対象を細部に至るまで究明し、完全に明晰判明に認識していること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十全
じゅうぜん

哲学用語としては、ラテン語のアダエクアティオadaequatioないしそれに相当する近代ヨーロッパ語の訳語として、「完全」に相応することをいう。中世スコラ哲学で、真理が知性と事物の相応として定義されて以来、現代の確率論的発想に至るまで、全の概念は多様な解釈を受けてきた。[坂部 恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十全の関連情報