十全(読み)ジュウゼン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ぜん〔ジフ‐〕【十全】

[名・形動]
少しも欠けたところがないこと。十分に整っていて、危なげのないこと。また、そのさま。万全。「十全を期して念を入れる」「十全な(の)備え」
概念または判断が、その表す対象と完に相応すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうぜん【十全】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
少しの欠点もなく、完全なさま。十分に整っていて危げないさま。 「 -な対策を講ずる」
〘哲〙 〔adequate〕 概念や認識がその対象(事物)と完全に一致・適合していること。あるいは、対象を細部に至るまで究明し、完全に明晰判明に認識していること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十全
じゅうぜん

哲学用語としては、ラテン語のアダエクアティオadaequatioないしそれに相当する近代ヨーロッパ語の訳語として、「完全」に相応することをいう。中世スコラ哲学で、真理が知性と事物の相応として定義されて以来、現代の確率論的発想に至るまで、全の概念は多様な解釈を受けてきた。[坂部 恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐ぜん ジフ‥【十全】

〘名〙
① (形動) 欠点がないこと。完全であること。また、そのさま。万全。
※田氏家集(892頃)中・奉酬傷菅侍医早亡詩「雨不雲弓絶弦、医門能事尽依然、十全歳後初麟角、百疾人間是乳泉」
※玉塵抄(1563)一四「日と星と十全にそなわらぬを云ぞ。いむ心ぞ」 〔周礼‐天官・医師〕
② (形動) 全く危険がないこと。もっとも安全なこと。また、そのさま。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)三「即坐に拝味せば十全なるぞ」
③ (adaequatio の訳語) 学で、完全に一致または適合すること。概念の指示するものの本質を概念が完全に表わすとき、その概念をいう。スコラ哲学では、真理とは、知性が事物に完全に合致することにあるとする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十全の関連情報