上機嫌(読み)ジョウキゲン

デジタル大辞泉の解説

じょう‐きげん〔ジヤウ‐〕【上機嫌】

[名・形動]非常に機嫌がよいこと。また、そのさま。「上機嫌で話す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうきげん【上機嫌】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
非常に機嫌のよい・こと(さま)。 ⇔ 不機嫌 「 -で帰る」
〘医〙 「多幸たこう」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐きげん ジャウ‥【上機嫌】

〘名〙 (形動) 大変機嫌のよいこと。また、そのさま。
※浄瑠璃・五十年忌歌念仏(1707)中「九左衛門上機嫌『お手がらお手がらお夏が嫁入(よめり)はただ出来た』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上機嫌の関連情報