コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安んずる ヤスンズル

デジタル大辞泉の解説

やすん・ずる【安んずる】

[動サ変][文]やすん・ず[サ変]《形容詞「やすし」の語幹に「み」を添えた「やすみ」に、動詞「す」の付いた「やすみす」の音変化》
安らかになる。安心する。「この情勢ではまだまだ―・ずるわけにはいかない」
満足する。甘んずる。「こんな仕事に―・ずる自分ではない」
安心させる。「民心を―・ずる」
甘く見る。あなどる。
「汝が們(ともがら)までおれを―・じをる」〈滑・浮世床・初〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やすんずる【安んずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 やすん・ず
〔形容詞「やすし」の語幹に「み」と動詞「す」の付いた「やすみす」の転〕
やすらかになる。安心する。 「難問が解決し-・じて寝ることができる」
その状態のままで満足する。あまんじる。 「現状に-・ずる」 「小成に-・ずる」
やすらかにする。やすめる。 「如何してか…人民を-・じ候べき/太平記 35
軽く見る。あなどる。 「汝が們ともがらまでおれを-・じをる/滑稽本・浮世床

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

安んずるの関連キーワード知者は水を楽しみ仁者は山を楽しむ偃鼠河に飲むも満腹に過ぎず仁者は憂えず小安・少安安んじる知足安分巡撫安堵ずる目安姑息燕居覿面閑適小成小安保安困厄撫安太保

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安んずるの関連情報