コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足る タル

デジタル大辞泉の解説

た・る【足る】

[動ラ五(四)]
足りる」に同じ。「配慮が―・らぬ」「一見するに―・る」
満足する。「―・るを知らざるは富むといえども貧し」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たる【足る】

( 動五[四] )
不足や欠けたところがない状態になる。たりる。 「お金が-・らない」 「努力が-・らない」 「望月の-・れる面わに/万葉集 1807
それにふさわしい資格や価値がある。たりる。 「将となすに-・る人物」 「論ずるに-・らぬこと」 「とるに-・らぬこと」 「頼むに-・らぬ」
満足する。 「 - ・ることを知れ」
「たらぬ」の形で、頭の働きが悪いの意を表す。 「すこし-・らぬ人を賭にして/浮世草子・一代男 8
一定の数量に達する。 「御年まだ六十にも-・らせ給はねば/大鏡 師輔」 〔現代語では、慣用的用法のほかは、上一段活用の「足りる」が一般に用いられる〕
[句項目] 足るを知る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足るの関連情報