コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結局 ケッキョク

2件 の用語解説(結局の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けっ‐きょく【結局】

[名]
囲碁で、1局を打ちおえること。終局。
いろいろの経過を経て落ち着いた最後。結末。
「話は随分長かったが、要するに覚束(おぼつか)ない―に陥ったのである」〈左千夫・春の潮〉
[副]いろいろなことがあったうえで、最後に落ち着くさまを表す。最終的には。つまるところ。結句。「あれこれやってみたが、結局だめだった」「二人は結局元のさやにおさまった」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けっきょく【結局】

[4][0] ( 名 )
囲碁で、一局を打ち終えること。終局。
さまざまな曲折をへて、最後におちついたところ。結末。 「 -のところ会議は中止になった」 「まるで赤本の-のやうだ/当世書生気質 逍遥
[0] ( 副 )
さまざまな経緯を経て、ある好ましくない結果に至るさま。つまるところ。結句。最後には。 「 -リコールは成立しなかった」 「 -(は)好きじゃないということですね」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結局の関連キーワード中押し石配り碁打ち終局先着破魔牡蠣打ち井目中手CoAチオエステル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結局の関連情報