コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愈/愈々 イヨイヨ

デジタル大辞泉の解説

いよ‐いよ【×愈/×愈々】

[副]
持続的に程度が高まるさま。ますます。より一層。「―雨が激しくなる」
不確定なものが確定的になるさま。まさしく。「昇進は―明らかだ」「―もって彼が怪しい」
待望していた物事が成立したり実現したりするさま。とうとう。ついに。「新社屋が―完成する」「―試合開始だ」
重大な事態に至ろうとしているさま。いざ。「―の時は加勢を頼むよ」

いよよ【×愈】

[副]《「いよいよ」の音変化》ますます。いっそう。
「昔見し象(きさ)の小川を今見れば―さやけくなりにけるかも」〈・三一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

愈/愈々の関連キーワード人古今に通ぜざるは馬牛にして襟裾す物其の平を得ざれば則ち鳴る彼も人なりわれも人なり彼も人なり予も人なり席の暖まる暇もない乾を旋らし坤を転ず狂瀾を既倒に廻らす席暖まるに暇あらず甑に坐するが如し蚍蜉大樹を動かす一髪千鈞を引く灯火親しむべし光炎万丈長し筆力鼎を扛ぐ変ちきりん比喜多元達肺肝を出すさなきだに頭角を現す踔厲風発

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android