コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひょっこり ヒョッコリ

デジタル大辞泉の解説

ひょっこり

[副]思いがけなくそのことが起きるさま。「ひょっこり(と)現れる」「ひょっこり(と)思い出す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょっこり

( 副 )
(「と」を伴っても用いる)
思いがけず人に出会うさま。ひょっくり。 「一〇年ぶりに-(と)たずねてきた」
不意に現れるさま。ひょっくり。 「タケノコが-(と)生えてきた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひょっこりの関連キーワード小林 恭治山元 護久真那胡敬二藪下 泰司名古屋 章藤村 有弘宇野誠一郎井上ひさしひょっくりタケノコくらげ雲熊倉一雄古川薫舞込む蓬莱島神隠し

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひょっこりの関連情報