藪から棒(読み)やぶからぼう

ことわざを知る辞典「藪から棒」の解説

藪から棒

からがいきなり突き出されたように、言動が唐突なこと。特に、前後脈絡なしに、突然、話を持ち出されることをいう。

[使用例] 「だから兄さんを助けると思ってうんとお言い」「だって訳も話さないで、藪から棒にそんな無理を言ったって」「訳は聞きさえすれば、いくらでも話すさ」「よくってよ、訳なんか聞かなくっても、私お嫁なんかに行かないんだから」[夏目漱石虞美人草|1907]

[解説] 多くの場合、突然、別なことを言い出されたが言うことばで、驚きや困惑した気持ちを表します。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「藪から棒」の解説

やぶ【藪】 から 棒(ぼう)

(「藪から棒を突き出す」の略) 他人からの働きかけが、その手前の動作や発言と関連が全くなく、唐突であるさまのたとえ。だしぬけであるさま。突然であるさま。寝耳に水。窓から鑓(やり)
※俳諧・生玉万句(1673)「鶯は藪から棒のたか音哉〈問也〉 咲やり梅のとかる言の葉〈未学〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「藪から棒」の解説

やぶからぼう

《藪の中から突然に棒を出す意から》突然に物事を行うさま。だしぬけ。唐突。「藪から棒の話」
[補説]「藪蛇」との混同で、「藪から蛇」とするのは誤り。
[類語]ふいとひょっこり打ち付けぶっつけにわか出し抜け突然唐突短兵急急遽きゅうきょ不意忽然こつぜん俄然突如いきなりふとふっとついついついついとつとひょっとひょいはた思わず思わず知らず思いがけずはしなくはしなくも図らず図らずもやにわに時ならずたちま卒然突発的発作的反射的青天の霹靂へきれき寝耳に水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android