アララギ(読み)あららぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アララギ(短歌結社雑誌)
あららぎ

大正・昭和の代表的短歌結社雑誌。1908年(明治41)10月創刊。アララギ発行所発行。初め千葉県山武(さんぶ)郡睦岡(むつおか)村(現、山武(さんむ)市)の蕨(わらび)真一郎(1876―1922。蕨真(けっしん))方から『阿羅々木(あららぎ)』として創刊されたが、1909年9月の第2巻1号から発行所を東京・本所(ほんじょ)の伊藤左千夫(さちお)方に移し、誌名も『アララギ』と表記、柿の村人(かきのむらびと)(島木赤彦)らが長野県で発行していた『比牟呂(ひむろ)』を合併して、根岸派歌誌としての実質を備えるようになった。左千夫以後、発行責任者は古泉千樫(こいずみちかし)、斎藤茂吉、島木赤彦、茂吉、土屋文明(つちやぶんめい)、五味保義(ごみやすよし)(1901―1982)、吉田正俊(まさとし)(1902―1993)の順序で受け継がれている。正岡子規(しき)没後の根岸短歌会は左千夫を中心に『馬酔木(あしび)』を出し、ついで三井甲之(みついこうし)編集の『アカネ』に引き継がれたが、まもなく内紛が生じ、改めて左千夫編集のもとに蕨の出資で発行されたのが『阿羅々木』である。初めは小結社誌にすぎなかったが、茂吉、千樫、中村憲吉らが新傾向を示すに及んで注目を受け、赤彦が編集、経営に専念した大正中期から歌壇の主流となった。子規以来一貫して写生を唱え、『万葉集』を作歌の理想としたが、その理論の強化のうえで茂吉の果たした役割は大きい。実作面でも大正初期を中心に北原白秋ら他派との交流が盛んで、寄稿者も阿部次郎、木下杢太郎(きのしたもくたろう)、森鴎外(おうがい)、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)ら多彩な顔ぶれに及んだ。赤彦没後の昭和初期は茂吉、文明を中心にさらに現実主義的性格を強め、とくに文明の小市民的、即物的作風は時代の新風をなすに至った。第二次世界大戦後、文明の方針によって多くのアララギ系地方誌を生んだのも特筆すべき現象である。その作風、理論には時代や個性によって多少の相違はあるが、写生の現実主義的立場を標榜(ひょうぼう)する点において一貫している。
 1913年(大正2)以後、会員の業績を百数十編に及ぶ『アララギ叢書(そうしょ)』として刊行、多くの追悼号、記念号、歌集批評号を出し、また『万葉集』や先進の短歌合評を連載するなど、作品研究のうえでも大きな成果を残した。前記のほか大正期中心の主要歌人に長塚節(たかし)、石原純(あつし)、平福百穂(ひらふくひゃくすい)、岡麓(おかふもと)、釈迢空(しゃくちょうくう)(折口信夫(おりくちしのぶ))、土田耕平(つちだこうへい)らがあり、昭和期では、鹿児島寿蔵、吉田正俊、山口茂吉(1902―1958)、柴生田稔(しぼうたみのる)、佐藤佐太郎、近藤芳美(よしみ)などが活躍した。
 なお『アララギ』がその歴史を通じて他派との激しい論争を行ったのも特色で、この面でも赤彦、茂吉、文明らの積極的活動が目だち、歌壇的位置の強化に寄与した。
 1997年(平成9)12月『アララギ』は終刊となった(1908年創刊から90年間で1047冊発行)。その後、1998年『アララギ』を後継する短歌誌3誌が次々に創刊された。宮地伸一(みやちしんいち)(1920― )を代表に、吉村睦人(むつひと)(1930― )などが編集委員、選者を務める『新アララギ』、大河原惇行(よしゆき)(1939― )代表の『短歌21世紀』、そして『アララギ』の編集発行人であった小市巳世司(こいちみよし)(1917―2009)が代表の『青南(せいなん)』である。[本林勝夫]
『柴生田稔著『アララギの山脈』(1995・笠間書院) ▽宮坂丹保著『森山汀川あて書簡にみるアララギ巨匠たちの素顔』(1996・銀河書房) ▽岡井隆著『現代短歌入門』(1997・講談社) ▽釜井容介著『土屋文明の後姿』(1998・短歌新聞社) ▽清水房雄著『斎藤茂吉と土屋文明――その場合場合』(1999・明治書院) ▽小谷稔著『アララギ歌人論』(1999・短歌新聞社) ▽川瀬清著『アララギ叢書解題――近代歌集の書誌的探索』(2000・短歌新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アララギの関連情報