コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルメニア[古代] アルメニア[こだい]Armenia, ancient

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルメニア[古代]
アルメニア[こだい]
Armenia, ancient

小アジアとカスピ海との間にはさまれた地域。現在,アルメニア,トルコ,イラン領に3分されている。前9~7世紀にはウラルトゥ王国が繁栄し,前7世紀以後はアッシリア,メディア,ペルシアなどに,前4世紀にはアレクサンドロス3世 (大王) に征服された。前2世紀の初めにアルメニア人は大アルメニアおよびソフェーネの2国を建て,次いでチグラネス2世 (在位前 20~6) の時代に2国を統一して,アルメニア帝国をつくったが,やがてローマ帝国支配下の保護国となった。その後ササン朝ペルシアとビザンチン帝国に支配され (7世紀) ,次いで7~8世紀にはアラビア人,11~12世紀にはトルコ人の支配下に入った。アルメニア語は,この地域に古代に現れては消えた諸民族の言語の混合よりできたものであり,諸民族推移を示す手掛りとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルメニア[古代]の関連情報