コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カント(鉄道) カント

百科事典マイペディアの解説

カント(鉄道)【カント】

レールの曲線部における内外レールの高さの差。列車や車両が曲線部を通過するときは,遠心力によって車両,乗客および積荷が曲線の外側に倒れようとする。この遠心力に対応する力を与えるために,曲線の外側を高くする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のカント(鉄道)の言及

【鉄道】より

…車両が曲線を通過するときには遠心力が働き,このとき左右レールが同じ高さにあると車両が外側へ転覆する恐れがある。このため外側のレールを高くして遠心力とつり合うようにしてあり,この量をカントcantという。カントが大きすぎると逆に曲線の内側に転覆する可能性が生じてしまうため,カント量は曲線半径および列車の通過速度に応じて決定されている。…

※「カント(鉄道)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報