コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カント(鉄道) カント

1件 の用語解説(カント(鉄道)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カント(鉄道)【カント】

レールの曲線部における内外レールの高さの差。列車や車両が曲線部を通過するときは,遠心力によって車両,乗客および積荷が曲線の外側に倒れようとする。この遠心力に対応する力を与えるために,曲線の外側を高くする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のカント(鉄道)の言及

【鉄道】より

…車両が曲線を通過するときには遠心力が働き,このとき左右レールが同じ高さにあると車両が外側へ転覆する恐れがある。このため外側のレールを高くして遠心力とつり合うようにしてあり,この量をカントcantという。カントが大きすぎると逆に曲線の内側に転覆する可能性が生じてしまうため,カント量は曲線半径および列車の通過速度に応じて決定されている。…

※「カント(鉄道)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カント(鉄道)の関連キーワードガードレール曲率曲率円クロソイド水準トングレールパール‐リード曲線V型レール日本バレーボール協会ミニソフトバレーボール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone