グエン(阮)朝(読み)グエンちょう

百科事典マイペディアの解説

グエン(阮)朝【グエンちょう】

ベトナム最後の王朝(1802年―1945年)。南部のグエン氏の王族グエン・フック・アイン(阮福映)がタイソン党革命の後,1802年に建て,ザロン(嘉隆)帝として帝位についた。1804年中国の封冊を得て国号をベトナム(越南)とした。フエ(順化)に都し,カンボジア,ラオスを併合,第2代ミンマン(明命)帝(在位1820年―1841年)の時,中央集権制を整え,ベトナム史上最大の帝国となる。19世紀半ばよりフランスの侵略を受け,1883年フランス軍が黒旗軍に敗れてからフランスは北部に大兵を入れ,1884年第2次フエ条約により北部は保護領化,中部は保護国化された。1887年インドシナ総督の統轄下に置かれ(フランス領インドシナ),1945年8月の革命で第13代皇帝バオダイが退位,王朝は滅んだ。
→関連項目サイゴン条約ダイベト(大越)ファン・ボイ・チャウベトナムベトナム共和国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android