コウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コウ」の解説

コウ

囲碁用語。互いに一手,一手,アタリと取りで単純な同型反復を繰返す形。同型反復禁止のルールにより代償となるべき他の点に打つ手段をコウダテという。コウには本コウ,一手コウ,ヨセコウ,2段コウ,天下コウなど,形によっていろいろな呼び方があるが,絶対コウ,側 (そば) コウなどはコウダテの種類である。複雑な同型反復を繰返すものに「循環コウ」と「長生 (ちょうせい) 」があって,「日本棋院囲碁規約」では互いに譲らなければ無勝負と規定されている。しかし実戦で現れる確率はゼロに近い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android