コント(読み)こんと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コント(短編小説)
こんと
conteフランス語

短編小説。短くおもしろい話のこと。本来はモーパッサン、ツルゲーネフ、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、アナトール・フランスらの小品をさすが、日本では川端康成(かわばたやすなり)の「掌(てのひら)の小説」のようにごく短い作品をよぶことが多い。一般にはバルザックの『風流滑稽譚(コント・ドロラティク)』Contes drolatiquesに代表される、軽妙なユーモアに満ちた小話、艶笑(えんしょう)ばなしなどをさす場合が多く、フランスでは妖精物語(コント・ド・フェ)conte de feのおとぎ話までも含める。日本では寸劇をコントとよぶこともある。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コントの関連情報