コーチン(英語表記)Cochin

翻訳|cochin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド南西部,ケララ州中部の港湾都市。アラビア海とベンバナード湖に面する。海岸線と平行に 70km以上も細長く続く潟湖ベンバナード湖が狭い水路で海と通じるところに発達し,外洋と沿岸水路の港として発展。古くからコーチン藩王国の首都で,バスコ・ダ・ガマが 1502年にポルトガル商館をおき,翌年ポルトガル総督アルブケルケがインド最初のヨーロッパ型の城を築いた。 1663年オランダが進出,1795年イギリスが占領,近代的港湾が建設された。同国南西岸の主要港の一つでコプラ,カシューナッツ,茶,木材の積出しが多く,船舶修理,化学工業も行われる。ココヤシ繊維紡織,綿織物などを産出。バスコ・ダ・ガマの墓所,ユダヤ教徒居住区などヨーロッパとの交流を示す史跡が多い。インド海軍の基地がある。 1970年にエルナークラムマッターンチェリなどを合併した。人口 56万 4038 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インド南西端,ケーララ州南部の港市。人口56万5000(1991)。マラバル海岸に面し,南北内陸水路とデカン高原への東西交通路の交点に所在。紀元前からインド洋交易の要地として栄え,1502年にバスコ・ダ・ガマがポルトガル商館を開設以後,独立までヨーロッパ人が領有してきた。近代的築港工事の完成によりインド有数の商業港兼軍港となる。造船業が立地。コプラ,香料,ゴム,コーヒー,茶,エビ,チークなどを輸出している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インド南西部、ケララ州の港市。コチKochiともいう。トリバンドラムの北約170キロメートル、マラバル海岸有数の港で、この地方に産する茶、カシューナッツ、ココナッツ、香料などが輸出されてきた。現在では漁業基地のほか造船所が建設され、近代産業都市として発展しつつある。インド海軍の基地ともなっている。1502年バスコ・ダ・ガマによってポルトガルの商館が置かれ、翌03年にはポルトガルのアルブケルケによって要塞(ようさい)が築かれた。のち、オランダ、イギリスなどが進出し、重要な商業の中心として栄えた。イギリス領時代には、同市を首都としてコーチン藩王国が形成された。人口59万6473(2001)。

[辛島 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコーチンの言及

【ニワトリ(鶏)】より

…最近では本種の中に作られた近交系間の交雑種や,他品種との交雑種が実用鶏として広く利用されている。
[肉用種]
 第2次大戦前まではコーチン種Cochin(中国原産で,イギリスとアメリカで改良)やブラーマ種Brahma(イラスト)(インド,マレー地方原産で,イギリスとアメリカで改良)のような,晩熟だが体重が4.0~5.4kgもある大型の肉質のよい品種が採肉用に飼育されていた。最近では発育の早い一代雑種や三元交雑種,四元交雑種の雛を,生後8~10週で体重1000~1800gにまで育てあげて利用するブロイラー養鶏が盛んになってきた。…

【大航海時代】より

…翌1500年にはP.A.カブラルの船隊がインドに派遣された。一行は途中ブラジルを発見し,インドではイスラム商人の支援をうけたカリカット王と対立し,カリカットとは敵対関係にあったコーチン王と同盟を結び,コーチンに商館を開いて根拠地とした。 マヌエル王の方針は,一つはイスラム商人と対立しないような形でインドで貿易活動を行うことであり,もう一つはできる限り早くチョウジなどの産地であるモルッカ諸島に到達し,スペインに対して優先権を主張することであった。…

【トラバンコール・コーチン藩王国】より

…南インドのマラバル海岸に面し,トラバンコールとコーチンはいずれも1795年から1947年までイギリス保護下にあった藩王国。住民の共通言語はマラヤーラム語Malayālam。…

※「コーチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android