コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンチャン Chanchán

3件 の用語解説(チャンチャンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャンチャン【Chanchán】

ペルー北海岸一帯に,14~15世紀に栄えたチムー王国の首都。現在のトルヒーヨ市郊外に巨大な都市遺跡として残っている。その規模は約20km2に及び,中心域は厚い土壁に囲まれたいくつかの大区画からなる。古代アンデス文明最大の計画都市といえる。最も保存状態のよいチュディ区画は480m×450mで高さ7mの大壁に囲まれ,内部にはレリーフや透し彫などの技巧をこらした宮殿建築が見られるチムー文化加藤 泰建】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

チャン‐チャン(Chan Chan)

ペルー北西部の都市トルヒーリョの西郊にある先インカ期の遺跡。12世紀から15世紀後半にかけて栄えたチムー王国の都だったとされ、日干し煉瓦(れんが)でつくられた王宮や王墓、灌漑(かんがい)用水路などの遺構がある。1986年に「チャンチャン遺跡地帯」の名称で世界遺産文化遺産)に登録。また風雨による崩壊が進んでいるため、同年より危機遺産にも指定されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャンチャン
ちゃんちゃん
Chan Chan

ペルー北海岸モチェ川流域、現トルヒーヨ市西郊にある大都市の遺跡。12~15世紀に栄えたチムー王国の首都であったといわれる。その面積は15平方キロメートル前後と考えられてきたが、1970年代初めに行われたハーバード大学の調査では、24.5平方キロメートルという数値が出ている。その中心部は、型入れアドベ日干し)れんがを材料とする高い壁を巡らした10個の長方形大区画よりなり、その内部には、大小の部屋、広場、基壇、墓などがある。壁面には、様式化された魚、鳥の模様や幾何学文が浮彫りにされている。大区画の西には住居地区が無秩序に広がっており、その中間に区画、基壇、通路などが散在する。中心部を除いて、保存状態はよくない。[増田義郎]

世界遺産の登録

古代都市の遺跡が1986年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「チャンチャン遺跡地帯」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチャンチャンの言及

【チムー文化】より

…ペルー北部海岸の都市トルヒーヨの近郊にあるチャンチャンChan Chanを中心とする文化。インカ帝国に征服される(1400年代)直前には北はトゥンベスから,南は現在のリマの付近まで,約1200kmにおよぶ海岸地帯を支配し,ランバイェケ谷,パカスマヨ谷などに複数の地方政治センターをもち,南は文化の違うチャンカイをも含む広大な版図をもつチムーChimú王国を形成していたといわれる。…

※「チャンチャン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャンチャンの関連情報