几帳面(読み)キチョウメン

  • ×几帳面
  • きちょうめん キチャウ‥
  • きちょうめん〔キチヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名]角柱の角につけた面の一。角そのものは残すように、両側に段をつけたもの。もと几帳の柱によく用いられたところからいう。
[形動][文][ナリ]細かいところまで、物事をきちんと行うさま。決まりや約束にかなうように正確に処理するさま。「几帳面な性格」「時間を几帳面に守る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

形動 [文] ナリ 
きちんとしているさま。すみずみまで規則正しくするさま。 -な性格
柱などの角に施した面の一。方形の角を落として鋭角に削り、その両側に刻みを入れたもの。もと几帳の柱に用いられたことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (もと几帳の柱に多く用いたところからという) 器具のふち、柱のかどなどを、きざみ目を一筋入れて、半円形に削ったもの。
※君台観左右帳記(1511)「盆は角ひしなと大切にはたをきちゃうめんにほり」
② (形動) かたに合っていて、厳格で折り目正しいこと。いいかげんでないさま。
※俳諧・昼礫(1695)「渡唐とて挟箱迄きてうめん」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉一五「家の中の事を生帳面(キチャウメン)にしたがる末造には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の几帳面の言及

【柱】より

…方柱は平安時代以降,角を落として面(めん)をとるが,そのとり方は時代が下ると小さくなり,平安時代は5分の1前後(片方の面の見付の寸法を柱幅で除した割合)であったものが,江戸時代では約12分の1ないし20分の1前後となる。これを切(きり)面というが,そのほかに桃山から江戸時代には唐戸(からと)面(直線ではなく丸い面で,両端に決りが付く)をとるものが現れ,さらに几帳(きちよう)面(唐戸面の丸い面を直線で尖らせたもの)へと進む。六角柱,八角柱はそれぞれ六角円堂,八角円堂に用いられる。…

※「几帳面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

几帳面の関連情報