チャーチル(読み)ちゃーちる(英語表記)Sir Winston Leonard Spencer Churchill

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer Churchill、政治家)
ちゃーちる
Sir Winston Leonard Spencer Churchill
(1874―1965)

イギリスの政治家。11月30日保守党政治家ランドルフ・チャーチルの長男として、名門貴族マールバラ公爵家に生まれる。サンドハースト陸軍士官学校で学んだのち、陸軍に入り、インドに赴任した。そこでの経験をもとに書いた『マラカンド野戦軍』The Story of the Malakand Field Force(1898)や、その後スーダンのオムデュルマンの戦いに参加してから著した『河畔の戦争』The River War(1899)で文名をあげた。1899年陸軍を辞め、保守党から補欠選挙に立候補したものの落選し、『モーニング・ポスト』紙の特派員としてブーア戦争の取材に赴いた。そこでブーア軍の捕虜となったが、収容所からの脱出に成功し、英雄扱いを受けた。
 その勢いを駆って、1900年の総選挙で保守党下院議員に当選した。しかし、ジョゼフ・チェンバレンが関税改革運動を始めると、それに反対して保守党を離れ、自由党に鞍(くら)替えした(1904)。1905年末に成立した自由党内閣で植民地省政務次官となり、トランスバールへの自治供与によるブーア人との和解を推進した。1908年商務相に就任、ロイド・ジョージによる諸改革を助け、さらに内相(1910~1911)を経て、1911年海相となり、海軍の近代化に努めた。1915年、アスキス首相が保守党との連立内閣をつくるに際して、海相辞任を余儀なくされた。連立内閣でランカスター公領相を短期間務めたのち陸軍に復帰、フランスで従軍した。1917年ロイド・ジョージ内閣の軍需相として政界に戻り、陸相(1918~1921)、植民地相(1921~1922)を歴任した。陸相としてはロシア革命干渉戦争に力を入れ、植民地相としては中東の錯綜(さくそう)した状況を収拾してイギリスの勢力圏を確立するとともに、アイルランド南部への独立付与によってアイルランド民族運動の鎮静化を図った。自由、保守両党の連立が破れたあとの1922年の総選挙で落選、労働党の台頭に直面して自由党に見切りをつけて保守党に移り、1924年保守党下院議員に選ばれた。保守党ボールドウィン内閣では蔵相に就任(1924~1929)、金本位制への復帰を断行したが、第一次世界大戦前の旧平価での復帰はイギリス経済にとっての負担となり、1926年のゼネストを誘発した。このゼネスト期間中は、『ブリティッシュ・ガゼット』という新聞を編集し、スト攻撃に全力を注いだ。
 1930年代には、インド民族運動への若干の譲歩を盛り込んだインド統治法にかたくなに反対し、保守党内で孤立していった。そのため、早くからナチス・ドイツの強大化について警鐘を鳴らし、ネビル・チェンバレンなどの追求する宥和(ゆうわ)政策に鋭い批判を加えたものの、十分な政治勢力を築きえなかった。しかし、宥和政策が失敗し第二次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)するに及んで、政界での力を回復、海相(1939~1940)を経て、1940年5月首相の座についた。
 大戦中はルーズベルトやスターリンと緊密な連絡を保ちつつ、政戦の両面にわたって強大な指導力を発揮し、連合国側の勝利に貢献した。その反面、戦争中に強まってきた社会改革を求める国民の声には冷淡であったため、戦争終結を目前にした1945年7月の総選挙では、改革を強調する労働党に敗北を喫した。1951年の総選挙後ふたたび首相となったが、高齢のための衰えが目だち、1955年イーデンに後を譲った。1965年1月24日死去。
 20世紀のイギリスを代表する政治家であると同時に、文筆家、歴史家としても一家をなし、第一次世界大戦の歴史である『世界の危機』The World Crisis(1923~1929)や『第二次世界大戦史』The Second World War(1948~1954)などの著作は広く読まれている。1953年ノーベル文学賞受賞。また画家としても優れた才能をもっていた。[木畑洋一]
『W・チャーチル著、中村祐吉訳『わが半生』(1965・角川書店) ▽W・チャーチル著、佐藤亮一訳『第二次世界大戦』全4冊(1975・河出書房新社) ▽ロード・モーラン著、新庄哲夫訳『チャーチル――生存の闘い』(1967・河出書房新社) ▽山上正太郎著『チャーチル』(1972・清水書院) ▽河合秀和著『チャーチル』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャーチルの関連情報