ニュートン(年譜)(読み)にゅーとんねんぷ

  • ニュートン
  • 年譜

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

※月・日はユリウス暦
1642 10月 父アイザック没。12月25日、ウールスソープに生まれる
1654 グラマー・スクールに入学
1661 トリニティ・カレッジに入学
1665 トリニティ・カレッジ卒業。無限小の概念に基づく微分法発見。流率法の概念確立。万有引力の発見
1666 「10月論文」。光学実験
1668 マスター・オブ・アーツとなる。反射望遠鏡製作
1669 10月 ルカス教授に就任。光学を講義
1671 「流率法と無限級数」
1672 ロイヤル・ソサイエティー会員。「光と色の新理論」。フックとの論争始まる
1675 「光と色の理論」。ライプニッツ、微分積分法を発見
1676 フックから和解の手紙
1679 母ハナ没。フックから誘いの手紙。ケプラーの第一・第二法則を証明し、逆二乗則を導く
1684 ハリー、ニュートンを訪問
1686 アルバン・フランシス事件。ニュートンも大学の全権委員として裁判所に出頭。『プリンキピア』第1部の原稿をロイヤル・ソサイエティーに提出
1687 『プリンキピア』第2部・第3部の原稿をロイヤル・ソサイエティーに提出。『プリンキピア』刊
1688 大学代表の国会議員となる
1693 秋に強いうつ病にかかる
1696 造幣局監事となる
1699 造幣局長官となる。ファシオがライプニッツを非難
1701 ルカス教授職とトリニティ・カレッジのフェローを辞任。ケンブリッジ大学選出国会議員となる
1703 ロイヤル・ソサイエティー会長になる
1704 『光学』刊(付録に「求積論」)
1705 ナイトに叙せられる。ライプニッツ、匿名で『光学』を論評
1710 ニュートン門下のキールがライプニッツを批判
1716 ニュートンとライプニッツの間で往復書簡。ライプニッツ没
1717 政府、1ギニー金貨を銀21シリングとする
1727 3月20日、ニュートン没
1728 『光学講義』刊

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android