ハリソン(読み)はりそん(英語表記)Benjamin Harrison

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリソン(Benjamin Harrison)
はりそん
Benjamin Harrison
(1833―1901)

アメリカ合衆国第23代大統領(在任1889~93)。第9代大統領ウィリアム・H・ハリソンの孫。8月20日オハイオ州に生まれ、インディアナ州の法曹界で活躍。南北戦争に従軍。連邦上院議員(1881~87)を経て、1888年共和党大統領候補に指名され、民主党のクリーブランドを破って当選した。マッキンリー関税法などによる産業界への支援、恩給支出の拡大やシャーマン銀購入法の制定などによる国庫余剰金の撒布(さっぷ)、公務員制度改革の促進、陸海軍の改善、太平洋地域での積極外交、汎アメリカ会議の招集など、彼の施策は、内政、外交両面にわたる積極性をもって特徴づけられる。92年、再選をかけてふたたびクリーブランドと対決したが敗北した。1901年3月13日没。[横山 良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハリソンの関連情報