コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハル ハル

大辞林 第三版の解説

ハル【Hull】

イギリス、イングランド北東部、北海に注ぐハンバー川の河口近くの北岸に位置する港湾都市。化学・精油などの工業が発達。漁業基地。正称、キングストン-アポン-ハル。

ハル【Hull】

〔Clark Leonard H.〕 (1884~1952) アメリカの心理学者。動物の学習実験により刺激と反応について数量的に研究、行動の理論的体系化を行なった。著「行動の原理」
〔Cordell H.〕 (1871~1955) アメリカの政治家。 F =ルーズベルト大統領の国務長官となり、開戦前の日米交渉にあたる。その後、国際連合設立に貢献。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハル(Cordell Hull)

[1871~1955]米国の政治家。F=ルーズベルト大統領のもとで国務長官太平洋戦争直前の対日交渉では、「ハル‐ノート」を最終提案として提出。参戦後は国際連合の設立準備に貢献し、1945年ノーベル平和賞受賞。

ハル(Hull)

英国イングランド中東部の河港都市。北海に注ぐハンバー川北岸にあり、遠洋漁業の根拠地。キングストン‐アポン‐ハル。
ガティノー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハル

米国の政治家。民主党に属し,下院・上院議員を経てF.ローズベルトの下で国務長官(1933年―1945年)。互恵通商を促進,第2次大戦中は連合国援助・日米交渉・国連創設に努力。
→関連項目真珠湾攻撃野村吉三郎

ハル

正称はキングストン・アポン・ハル。英国,イングランド北東部,ハンバーサイド州の州都。ハンバー川河口の都市で,ヨークシャーの生産物の重要な移出港であり,北海漁業の根拠地でもある。
→関連項目ハンバー[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ハル Hull, Cordell

1871-1955 アメリカの政治家。
1871年10月2日生まれ。1933年国務長官となり,互恵通商政策を推進。日米開戦直前の対日交渉で「ハル-ノート」を提示し強硬方針をつらぬいた。第二次大戦中は国際連合の設立に指導的役割をはたした。1945年ノーベル平和賞。1955年7月23日死去。83歳。テネシー州オーバートン出身。カンバーランド大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

ハル


芸名
ハル

性別
女性

生年月日
2004/02/16

星座
みずがめ座

干支
申年

身長
145cm

靴のサイズ
22cm

職種
モデル

好きなスポーツ
空手

趣味・特技
なわとび

プロフィール
2004年2月16日生まれ。主な出演作品は、雑誌『JSガール』『ニコ☆プチ』などがある。趣味・特技はなわとび。今後の更なる活躍が期待される。

代表作品
雑誌『JSガール』 / 雑誌『ニコ☆プチ』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はる【ハル】

日本音楽の用語。〈張〉とも書く。音高が高くなることに関連して用いられるほか,音量の増大を意味する場合もある。まず謡(うたい)では,中音から上音に上行することをいう。ただし,謡本によっては〈ハル〉ではなく〈上〉と記すものがあり,〈ハル〉を用いる謡本でも,冒頭だけは〈上〉と書く。サシ上音から下行した中音が,普通の上音に上行するときは,とくに本バリと称する。また,クリ音や中音に移行せず,上音を中心に推移する旋律をハリ節と称する立場がある。

ハル【Hull】

イギリス,イングランド北東部,ハンバーサイド州中部(旧ヨークシャーのイーストライディング地区)にある港湾・工業都市で州都。正式にはキングストン・アポン・ハルKingston upon Hull(〈ハル河畔の王室荘園〉の意)と呼ぶ。人口26万9000(1995)。ハンバー川のエスチュアリー(三角江)にハル川が流入する地点に位置し,古くから北海のトロール漁業や捕鯨の基地として重要であったが,産業革命以後はヨークシャー工業地域を後背地とする貿易港として発展した。

ハル【Cordell Hull】

1871‐1955
アメリカの政治家。テネシーオーバートン生れ。1891年カンバーランド大学卒業と同時に弁護士の資格を取得。州議会議員を経て,1907年から連邦下院議員,31年からは連邦上院議員の職にあった。とくに税制問題に手腕を発揮し,1913年に所得税法を立案。33年F.D.ローズベルト大統領から国務長官に任命され,44年病気で辞任するまでその職を務めた。1933年から40年にかけてモンテビデオハバナなどで開催された米州会議に臨み,ラテン・アメリカ諸国との善隣友好政策(善隣政策)を実施し,また関税引下げや互恵通商関係の確立に努力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハル
Hull, Clark L(eonard)

[生]1884.5.24. ニューヨーク近郊アクロン
[没]1952.5.10. コネティカット,ニューヘーブン
アメリカの心理学者。エール大学人間関係研究所教授。能力テスト,催眠などの研究を行なったのち,I.P.パブロフの条件反射に傾倒,それに基づきながらそれを発展させ,行動一般の体系化を目指し,新行動主義または行動理論の中心的学者として活躍した。主著『催眠と被暗示性』 Hypnosis and Suggestibility (1933) ,『行動の原理』 Principles of Behavior (43) ,『行動体系』A Behavior System (52) 。

ハル
Hull, Cordell

[生]1871.10.2. テネシー,オーバートン
[没]1955.7.23. メリーランド,ベセズダ
アメリカ合衆国の政治家。1891年カンバーランド大学法学部卒業。1907~21年,1923~31年下院議員,1931年上院議員となった。1933年フランクリン・D.ルーズベルト大統領によって国務長官に任命され,ラテンアメリカとの関係改善に努力。1941年秋の日米交渉では中国の権利を強く擁護した。同 1941年11月26日いわゆる「ハル・ノート」を示したが,日本はこれを最後通牒とみなし,太平洋戦争開戦に踏み切った。1943年モスクワ外相会議に参加,国際連盟に代わる世界平和機構についての基本的原則を公表した四ヵ国宣言を推進し,その後も国際連合の創設に情熱を注いだ。ハルの理想主義国連憲章にも反映されている。その活躍により,1945年ノーベル平和賞を受賞。

ハル
Hull, Isaac

[生]1773.3.9. コネティカットダービー
[没]1843.2.13. フィラデルフィア
アメリカの軍人。 19歳のとき船長となり,1798年海軍大尉に任じられた。フランスとの海戦やトリポリとの戦いで活躍。海軍大佐としてアメリカ=イギリス戦争に参加,1812年8月軍艦『コンスティチューション』号を指揮し,イギリス軍艦『ゲリエーア』号を沈没させ,アメリカ軍の士気を高めた。 23年准将。 24年以降太平洋艦隊,地中海艦隊の司令長官などをつとめた。

ハル
Hull, William

[生]1753.6.24. コネティカット,ダービー
[没]1825.11.29. マサチューセッツ,ニュートン
アメリカの軍人。独立戦争のとき北部戦線で活躍。 1805~12年ミシガン准州総督。インディアンからの土地割譲に尽力。アメリカ=イギリス戦争 (1812) では陸軍准将としてミシガン防衛とカナダ侵入を命じられたが失敗,彼の軍はデトロイトに退いて降伏した (12.8.16.) 。このため軍事裁判で銃殺刑を宣告されたが,独立戦争中の功により刑は執行されなかった。

ハル
Hull

カナダ東部,ケベック州南西部,ガティノー南部の旧市域。1800年アメリカ合衆国マサチューセッツ州から移住した製材業者の居住地として開かれ,1875年市制施行。2002年隣接するエルメ,バッキンガム,マソン=アンジェの 3市とともにガティノーと合体した。オタワ川河畔,オンタリオ州オタワの対岸にあり,ケベック州南西部の行政,経済の中心地。地名はイギリスのキングストンアポンハルにちなむ。豊富な森林,水力資源を利用したパルプ,製紙,マッチ工場があり,ほかにセメント,衣料,食肉加工,家具,印刷工場なども立地。オタワ大都市圏工業地帯をなす。

ハル

キングストンアポンハル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハルの関連情報