ハーン(読み)はーん(英語表記)Otto Hahn

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーン(Otto Hahn)
はーん
Otto Hahn
(1879―1968)

ドイツの化学者。3月8日フランクフルト・アム・マインに生まれる。マールブルク大学のチンケTheodor Zincke(1843―1928)に化学を学び学位取得(1901)。兵役に従事したのち、チンケ研究室に戻り有機化学の研究を行った。1904年ロンドンのユニバーシティ・カレッジのラムゼーのもとでラジオトリウムを発見、翌1905年カナダのマックギル大学のラザフォードのもとでトリウムCとラジオアクチニウムを発見した。1906年ドイツに戻り、ベルリン大学フィッシャー化学研究所でメソトリウム(トリウム系列に属する放射性核種)を発見。こうして放射能研究者としての基礎を確立した。
 1907年フィッシャー研究所で、M・プランクに理論物理学を学ぶためにきていたL・マイトナーと共同研究を開始、β(ベータ)線研究を通して「放射線放出時の反跳現象」の確認、トリウムDの発見などを行い、原子核崩壊の際のβ線、γ(ガンマ)線の役割を解明した。第一次世界大戦中、毒ガスの軍事使用に関する技術的研究・開発に従事した。この間、野戦病院のレントゲン技師として従事していたマイトナーと91番元素プロトアクチニウムを発見(1918)。戦後、彼女との共同研究をさらに進め、アイソマー(異性核)を発見(1921)、シュトラスマンとともにフェルミ実験の追試を行い、超ウラン元素生成を確認(1936)、さらにこの超ウラン元素はバリウムであることをつきとめ、中性子によるウランの核分裂を発見した(1938)。この発見は、ストックホルムに亡命中のマイトナーを通してボーアによってアメリカに伝えられ、フェルミの連鎖反応の発見と結び付き、核エネルギーの解放への道を開くものとなった。
 第二次世界大戦後、連合軍捕虜となりイギリスに抑留された。そこで広島・長崎の原爆投下による惨状を知り強い衝撃を受け、ドイツ帰還後、ドイツ科学再建に尽力するとともに、ドイツの核武装に反対し、核戦争防止のために、マイナウ宣言(1955年に発表された核兵器使用反対を訴える宣言)やゲッティンゲン宣言などの中心メンバーとして活躍した。1944年原子核分裂反応の発見によりノーベル化学賞を受賞。1928~1944年カイザー・ウィルヘルム協会(現、マックス・プランク協会)化学研究所長、1946年からマックス・プランク協会(カイザー・ウィルヘルム協会の改称)総裁などを務めた。今日、彼の業績を記念して、ハーン‐マイトナー研究所、原子力商船オットー・ハーン号、105番元素ハーニウムに名前が残されている。[大友詔雄]
『山崎和夫訳『オットー・ハーン自伝』(1977・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハーンの関連情報