コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロパー プロパー proper

翻訳|proper

4件 の用語解説(プロパーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プロパー(proper)

[名・形動]
固有であること。特に、その方面に専門であること。また、そのさま。「数学プロパーの問題」「人事部門のプロパー
得意先を回って、自社製品の宣伝・売り込みを行う販売員。「製薬メーカーのプロパー
服飾・流通業界で、正札(しょうふだ)であること。値引きしない商品。正価。「プロパーの値段で買う」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典の解説

プロパー

医薬品業界で使われる用語で、主に病院や医師を対象に新製品や改良製品の宣伝や販売を担当する販売員をいう。医家向け医薬品の販売は通常の商品とは異なり、その効能や副作用について事前に医師の十分な納得が得られなければ販売に結びつけることはできず、医師と販売員との間に信頼関係があることが前提になる。そのため、医薬品業界では医家向けの販売員を、より創造的販売活動に従事しているとしてプロパーと呼んでいる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

プロパー

病院などに自社の医薬品を売り込む担当者。

プロパー【proper】

〔他の語の下に付いて用いられることが多い〕
本来であること。固有であること。 「哲学-の課題」
その分野・方面に対して、専門にかかわっていること。また、その人。 「営業-の人」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロパーの関連キーワードヒ酸ホウ砂先発医薬品薬品煎れギブン水平統合物質特許アトル富田薬品

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロパーの関連情報