プロパー

流通用語辞典「プロパー」の解説

プロパー

医薬品業界で使われる用語で、主に病院や医師を対象に新製品や改良製品の宣伝や販売を担当する販売員をいう。医家向け医薬品の販売は通常の商品とは異なり、その効能副作用について事前に医師の十分な納得が得られなければ販売に結びつけることはできず、医師と販売員との間に信頼関係があることが前提になる。そのため、医薬品業界では医家向けの販売員を、より創造的販売活動に従事しているとしてプロパーと呼んでいる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「プロパー」の解説

プロパー(proper)

[名・形動]
固有であること。特に、その方面に専門であること。また、そのさま。「数学プロパーの問題」「人事部門のプロパー
得意先を回って、自社製品の宣伝・売り込みを行う販売員。「製薬メーカーのプロパー
服飾・流通業界で、正札しょうふだであること。値引きしない商品。正価。「プロパーの値段で買う」
[類語]プロ専門家スペシャリスト玄人くろうと本職エキスパートゼネラリストセミプロプロフェッショナルたくみ名人達人達者名手巨星巨匠名匠名工大家たいか権威腕利き腕達者第一人者仕事師遣り手敏腕素人しろうと離れ玄人くろうとはだし神業かみわざベテランオーソリティーソムリエスキルドワーカーマイスター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「プロパー」の解説

プロパー

〘名〙 (形動) (proper) 本格的であること。専門であるさま。他の語について語素のように用いることが多い。〔外来語辞典(1914)〕
※生活の探求(1937‐38)〈島木健作〉一「農学プロパーか、農芸化学か〈略〉その方面の学問が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android