コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペスト ぺすと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペスト(伝染病)
ぺすと
Pestドイツ語
plague英語

ペスト菌の感染によっておこる急性伝染病で、検疫感染症(検疫伝染病)に指定、感染症予防・医療法(感染症法)では1類感染症に分類されている。
 ペストの流行はすでに2、3世紀ごろからあったと伝えられているが、14世紀に中央アジアからヨーロッパ全域を席巻(せっけん)した大流行は歴史的にも知られ、当時のヨーロッパ全人口の4分の1にあたる2500万人の死者が出たほどの大災害をもたらし、黒死病として恐れられた。日本でも1898年(明治31)から1926年(昭和1)の間に2909人の患者発生がみられた。
 ペストは元来ネズミなど齧歯(げっし)類の流行病であり、これがノミ、ナンキンムシ、シラミなどの昆虫の媒介によってヒトに感染する。リンパ節腫(せつしゅ)、ペスト敗血症および肺炎などの病像を呈する。潜伏期は肺ペストの場合は2、3日、腺(せん)ペストは6~10日とされている。ペスト患者の大部分の病型は腺ペストで、皮膚や粘膜から侵入したペスト菌が、近くのリンパ節で増殖して一次性腺腫を形成する。これが出発点となって血行・リンパ行性に他のリンパ節に二次性腺腫を形成する。末期にはペスト敗血症をおこすこともある。腺ペストから転移性に気管支肺炎をおこすこともあるが、大多数は飛沫(ひまつ)感染によってペスト菌を直接吸入して発病する。肺ペストとペスト敗血症では、ともに2、3日の経過で死亡する。腺ペスト、皮膚ペストは、経過が1週間以上にわたる場合は治癒することもあるが、致命率は30~90%である。治療として、ストレプトマイシン、テトラサイクリン、クロラムフェニコールなどの抗生物質剤およびサルファ剤が用いられる。[松本慶蔵・山本真志]
『カルロ・M・チポラ著、日野秀逸訳『平凡社自然叢書6 ペストと都市国家――ルネサンスの公衆衛生と医師』(1988・平凡社) ▽蔵持不三也著『ペストの文化誌――ヨーロッパの民衆文化と疫病』(1995・朝日新聞社) ▽ジャック・リュフィエ他著、仲沢紀雄訳『ペストからエイズまで――人間史における疫病』増補改訂版(1996・国文社) ▽ヒルデ・シュメルツァー著、進藤美智訳『ウィーンペスト年代記』(1997・白水社) ▽モニク・リュスネ著、宮崎揚弘他訳『ペストのフランス史』(1998・同文館出版) ▽村上陽一郎著『ペスト大流行――ヨーロッパ中世の崩壊』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペストの関連キーワード感染症予防医療法パンデミック生物学兵器北里柴三郎学校感染症ペスト菌エルサン緒方正規

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペストの関連情報