コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアス海岸 リアスかいがん rias coast

3件 の用語解説(リアス海岸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リアス海岸
リアスかいがん
rias coast

河谷に刻まれた山地か丘陵地が,海面に対して相対的に沈降した結果形成される屈曲の多い海岸。尾根部は岬となって海に突出し,河谷部はおぼれて湾となる。スペインの西北岸でこの種の入江をリア Riaと呼ぶことに由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リアス海岸【リアスかいがん】

浸食で多くの谷が刻まれた山地が沈水して生じた屈曲に富む海岸。スペイン北西岸でこのような湾入をリアと呼ぶのにちなんだ名称。日本では三陸海岸志摩半島の海岸などが有名。
→関連項目溺れ谷沈水海岸南三陸金華山国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リアスかいがん【リアス海岸 rias coast】

河川の浸食によってできた開析谷の下流部が沈水して生じた細長い湾と,それらの間の突出した半島からなる屈曲した海岸線をもつ海岸。スペイン北西部ガリシア地方の入江(リアria)あるいはリアの多い地方の名称(Costa de Rias Altas)に由来する。もともとは,ドイツ地理学者F.vonリヒトホーフェンが1886年に,地質構造に支配された谷が海岸線の一般方向と直交して分布する鋸歯状の屈曲の多い海岸をリアス海岸と呼んだが,後にアメリカの地形学者D.W.ジョンソンが1919年に溺れ谷をもつ屈曲した海岸線を一般に沈水海岸線と呼び,河川の開析谷が沈水した場合をリアス海岸線,氷食谷が沈水した場合をフィヨルド海岸線と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リアス海岸の関連キーワード石見高原浸食平野エロージョン開析河床浸食谷浸食水食千波湖フィッシュリバーキャニオン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リアス海岸の関連情報