リアス海岸(読み)リアスかいがん(英語表記)rias coast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リアス海岸
リアスかいがん
rias coast

河谷に刻まれた山地か丘陵地が,海面に対して相対的に沈降した結果形成される屈曲の多い海岸。尾根部は岬となって海に突出し,河谷部はおぼれて湾となる。スペインの西北岸でこの種の入江をリア Riaと呼ぶことに由来。日本では三陸海岸,英虞湾が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リアスかいがん【リアス海岸 rias coast】

河川の浸食によってできた開析谷の下流部が沈水して生じた細長い湾と,それらの間の突出した半島からなる屈曲した海岸線をもつ海岸。スペイン北西部ガリシア地方の入江(リアria)あるいはリアの多い地方の名称(Costa de Rias Altas)に由来する。もともとは,ドイツの地理学者F.vonリヒトホーフェンが1886年に,地質構造に支配された谷が海岸線の一般方向と直交して分布する鋸歯状の屈曲の多い海岸をリアス海岸と呼んだが,後にアメリカの地形学者D.W.ジョンソンが1919年に溺れ谷をもつ屈曲した海岸線を一般に沈水海岸線と呼び,河川の開析谷が沈水した場合をリアス海岸線,氷食谷が沈水した場合をフィヨルド海岸線と呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リアス海岸の関連情報