コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイヨウ(羚羊) レイヨウ

百科事典マイペディアの解説

レイヨウ(羚羊)【レイヨウ】

アンテロープとも。偶蹄(ぐうてい)目ウシ科のうち四肢が細く走るのに適した形をもつ一群の動物。形はシカに似る。普通,角は雄だけにあるが,雄雌ともあるものもある。大きさは最小のローヤルアンテロープ(肩高25cm)から最大のクロクビイランドジャイアントイランド,同1.8m以上)までさまざま。
→関連項目イランド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レイヨウ【レイヨウ(羚羊) antelope】

多くは美しい体型と毛色を備えたウシ科の偶蹄類。アンテロープともいう。この仲間をカモシカと訳すことがあるが,これはまちがいである。アジアの一部に少数の種が分布するが,大多数はアフリカに見られ,系統的には一つのものではなく,一つの分類群にはまとめられない。ウシ科の動物のうちスイギュウ,ヤギュウ,カモシカ,ヤギ,ヒツジの各類を除いたものの総称といえる。 体の大きさは変化に富み,最大はクロクビイランド(ジャイアントイランド)Tragelaphus (Taurotragus) derbianus(イラスト)で,体長3.45m,尾長90cm,肩高1.8m,体重1000kg,角長1.2mに達するが,最小のローヤルアンテロープイラスト)では体長40~50cm,尾長5~8cm,体重3~4kg,角長2.5cmにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレイヨウ(羚羊)の言及

【カモシカ】より

… タイワンカモシカは肩高50~60cmと小さく,台湾奥地の高地にすむが数は少ない。なお,レイヨウ類(広義のアンテロープ類)もしばしばカモシカと呼ばれるが,別系統の動物であり,〈カモシカのような脚〉という場合のカモシカはこのレイヨウ類を指す。【今泉 吉晴】
[民俗]
 古語では〈かましし〉,民間ではイワシカ,アオシシなどともいう。…

※「レイヨウ(羚羊)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レイヨウ(羚羊)の関連キーワードヌー